Career


研修制度

◆新入社員研修◆

クリーブ【欅グループ】では、ITスキルとビジネススキルを兼ね備えた人財こそが、優秀な人材であると考えます。プログラミング経験者はもちろん、未経験の方も実務で即戦力となれるよう、ITスキルとビジネススキルを合わせた研修を入社後研修として実施しています。

 

◆ITスキル

システムエンジニア育成研修事業で培ったノウハウを活かし、研修全体の設計を行っています。初めてプログラミングに触れる方でも理解しやすいよう、基礎のアルゴリズムからスタートし、その後、JavaやSQLの研修へと移っていきます。

研修専属のインストラクターがいますので、分からないことはすぐに質問できる環境が用意されています。

研修終了後はOJTという形で、それぞれの 成長をサポートします。

 

◆ビジネススキル

社会人として実務を行う上で欠かせない「報告・連絡・相談」、ITの世界において特に気を付けなければならないセキュリティに対する意識等を、講義などを通してお伝えします。

◆KEYAKI Academia◆

クリーブ【欅グループ】では、企業理念でも掲げている通り社員の成長こそが企業の成長につながると考えています。

永続的な企業の発展、そのための社員の成長をサポートし続けるために、「KEYAKI Academia」を設立しました。

 

新入社員を卒業した後もトレーナー制度による相互のサポートや、外部講演会等への積極的な参加の推奨、会社や個人主催による勉強会の開催などを通し、業務の範囲のみならず、幅広い学びを推進していきます。また、興味深い文献や記事、個人の体験や考えなどを自由に共有・蓄積できるようにするための、社内メーリングリスト等を作成。個々の成長だけではなく、全体としての成長を促進していく取り組みを行っています。

 

このプロジェクトの入り口となっているのが、新入社員研修です。

 


キャリアパス

クリーブ【欅グループ】では、社員一人一人がいち早い成長を遂げ、自ら価値を生み出せる人財となれるよう、従来の業界の慣習にとらわれない独自の人事制度を導入しています。

 

多くのIT企業ではまず、プログラマー(PG)としてキャリアをスタートします。それから経験を積み、システムエンジニア(SE)、プロジェクトリーダー(PL)、プロジェクトマネージャー(PM)へと段階的にステップアップすることがこの業界での一般的なキャリアステップです。

 

クリーブ【欅グループ】では、研修後一定の実務経験を積んだ後、個人の希望や適性に合わせて、いち早くそれぞれの得意分野でスペシャリストとなれるよう、キャリアをデザインしていきます。